ホーム " 無線周波数保護

無線周波数保護

近年、Wi-Fi や無線ネットワークで使用される周波数への長期的な曝露が、ミツバチの健康や福祉に及ぼす潜在的な影響について懸念が提起されている。花粉媒介者としてのミツバチの重要性と生態系における重要な役割がますます認識されるにつれ、養蜂家にとってミツバチを潜在的な害から守るための積極的な対策を講じることは極めて重要である。MNZ は責任ある養蜂組織として、働き者のミツバチの帰巣能力と全体的な健康を守るため、無線周波数への曝露を最小限に抑えることに重点を置いている。MNZは、Wi-Fiや無線ネットワーク周波数への長期的な曝露に関連する潜在的リスクを認識し、巣箱の配置に戦略的なアプローチを導入している。MNZは、木製の蜂の巣がこれらの周波数を発する電波塔などからかなり離れた場所に設置されるよう細心の注意を払っている。そのような潜在的な発生源に意図的に近づかないことで、MNZはミツバチのホーミング能力、ナビゲーション能力、そして全体的な幸福に有害な影響を及ぼすリスクを軽減することを目指している。

概要

都市化とワイヤレス技術の使用増加により、人口密集地では高周波電磁界(RF-EMF)の放射率が高くなっている。この人為的な電磁放射は環境汚染の一種であり、ハチやその他の飛翔昆虫にストレスを与える可能性がある。都市部ではマイクロ波周波数で動作する無線機器が高密度に設置されていることが多く、無線技術で一般的に使用されている2.4GHz帯や5.8GHz帯などの電磁周波数が発生する。現在までのところ、非イオン化電磁波が昆虫の活力や行動に及ぼす影響についてはあまり理解されていない。我々の実験では、モデル生物としてミツバチを用い、2.4GHzと5.8GHzへの定義された曝露が、子バチの発育、寿命、および昆虫の行動に及ぼす影響を分析した。
フィールド条件下でのホーミング能力この放射線を発生させるために、カールスルーエ工科大学の通信工学研究所 (CEL) がこの実験のために設計した、一貫性があり、明確で現実的な電磁放射線を発生する高品質の放射源を使用した。その結果、長期暴露が採餌蜂のホーミング能力に有意な影響を及ぼすが、産卵蜂の発育と成虫の寿命には影響を及ぼさないことが示された。この斬新で高品質な技術的セットアップを用いた学際的研究により、広く使用されている周波数が、自由に飛び回るミツバチの重要なフィットネス・パラメーターに及ぼす影響に関する新たなデータが得られた。 M.Treder, M. Müller, L. Fellner, et al., ミツバチコロニーの模擬高周波電磁場(RFEMF)への定義された曝露:ミツバチのコロニーを模擬高周波電磁場(RFEMF)に規定暴露:ホーミング能力に悪影響があるが、産卵の発達や寿命には影響なし、Science of the Total Environment (2023) https://doi.org/10.1016/j.scitotenv.2023.165211。

電波塔や無線周波数の放射源を避けるという決定は、ミツバチの保護と健康に対するMNZのコミットメントと一致している。MNZは、人為的な電磁波による潜在的な障害から解放され、ミツバチにとって最適で自然な環境を提供することの重要性を理解している。これらの電磁波発生源から遠く離れた場所に巣箱を設置することで、MNZはミツバチの繊細なナビゲーション・システムに干渉する可能性を最小限に抑えている。MNZの無線周波数への露出を最小限に抑える積極的な姿勢は、ミツバチの健康に対する彼らの献身的な姿勢の証である。MNZは長期的な照射がもたらす潜在的リスクを認識し、ミツバチのコロニーの自然な本能と行動を維持することの重要性を認識している。予防策を講じることで、MNZ はミツバチのホーミング能力をサポートする環境作りに努め、ミツバチの効率的な活動を保証している。
受粉作業と全体的な活力無線技術が私たちの日常生活に欠かせないものとなっている現代において、無線周波数への曝露を最小限に抑えるという MNZ の取り組みは、養蜂実践への積極的なアプローチを示している。MNZの最優先事項は、ミツバチに最適で安全な環境を提供し、全体的な健康と持続可能性を促進することである。電波塔やその他の周波数放射源の近くを避けることで、MNZ はミツバチを潜在的な長期的影響から積極的に保護し、自然の生息地で繁栄できるようにしている。ミツバチの健康に対する MNZ のコミットメントは、巣箱の設置戦略にとどまらない。包括的なミツバチ保護・健康プログラム、厳格な品質管理プロセス、政府規制の遵守などである。と
MNZは、高品質、生、無濾過、無殺菌、モノフローラル・マヌカハニーの生産に重点を置き、貴重なミツバチの健康を守りながら、最終製品の純度を極限まで高めている。無線周波数の潜在的影響からミツバチを守ることを優先することで、MNZは他の養蜂組織にとって称賛に値する模範を示している。彼らの積極的な対策は、生態系の微妙なバランスと受粉媒介者の重要な役割に対する最新技術の潜在的な影響を考慮することの重要性を再認識させるものである。ミツバチの健康への取り組みを通じて、MNZ はミツバチの幸福と自然環境の持続可能性を守る上で重要な役割を果たしている。

ビザ マスターカード アメリカン・エキスプレス ダイナースクラブ 発見
© Copyright Manuka New Zealand B.V. 2018 - 2024 - All rights reserved.
クロス リンキン フェイスブック ピンタレスト 動画 ラス さえずり インスタグラム facebook-bank rss-blank フランクフルト ピンタレスト 動画 さえずり インスタグラム